パーカーの着こなしでおしゃれになろう。

様々なシーンで使用出来るパーカーについて

パーカーは、衣類のトップスの中でも首もとにフードとなる帽子部分が装着されている物を総称して呼びますが、主にスウェット素材でできているものが多く、様々なシーンで若者を中心に老若男女問わずに愛用されています。
スウェットトレーナーとの違いというのは、首にフードがあるかないかという事は勿論のことながら腹の部分にポケットがついているので、手を入れることが出来てとても温かいという点になります。
特にヒップホップ発祥の地であるアメリカでは、ストリートウェアとしてとても人気が高く若者を中心に広く普及しています。
特にヒップホップを好む人々との繋がりは密接で、基本的にサイズの大きいもの着用しますが、これは元々アメリカの低所得層の人々がお下がりの大きい服を着用している事が多かった為で、そういった層の人々の延長線に存在しているラッパーが日常的に着用しているからになります。
最近では、逆にこうしたことを逆手にとって、初めから大きめにデザインされた物が高額な金額でメーカー等から発売もされています。
また、衣服での自己主張の文化が広く浸透している同国を始めとして、自身がが応援しているスポーツチームのロゴが入ったパーカーを着用して、そのチームへの愛着を表明したりする人も多数存在しています。

パーカーの組み合わせは無限大

アメリカンカジュアルの代表と言えばトレーナーやカットソーと言えるでしょう。
しかしトレーナーやパーカーよりも汎用性が高く、様々な装いに応用できるものがあるのです。
それがパーカーと言うアイテムなのです。
このアイテムは一年中使うことができ、使用頻度も高く、非常にコーディネートしやすいアイテムなのです。
分厚い素材の物ではなく、綿素材で薄手のものを一枚持っているとその応用範囲は無限大であると言っても過言ではないでしょう。
カットソーの上に羽織るだけでカーディガンの役目を果たし、春から初夏、秋口などにも充分着ることができるのです。
また冬にはこれをインナーにしてその上に、ニットやダウンで出来たチョッキを着るとオシャレな雰囲気を醸し出すことができるのです。
また薄手の綿のパーカーはジャケットや革ジャンとの相性も抜群です。
ジャケットからフードを出すと堅苦しくなく、カジュアルにジャケットを着こなすことができるのです。
ジャケットと言った少しフォーマルなアイテムを少しラフに、カジュアルに演出することができ、クローゼットで眠りがちなジャケットの使用頻度も格段に上がっていき、ファッションアイテムの無駄が解消されるようになるのです。

注目サイト

レストランウェディング
http://www.arrival-wedding.com/tokyo/
印鑑 通販
http://a-hanko.jp/
ブーケ 保存
http://happy-flower.jp.net/
トライキャスト 競馬サイト
http://umahiro.net/site/289.html
骨董品 買取 名古屋市
http://www.r88.jp/

2015/3/3 更新


ページトップへ▲